読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ読んだ

読書記録(感想ではない・あとたまに映画)

銀河鉄道の彼方に

無職の時に新聞の広告で発売を知って、

発売したばかりでまだ図書館にないだろう、でもすぐに読みたい。

あーでも、無職だから金がないぞ!と家中の図書カード集めて買いに行った。

あれから3年か、また無職リーチなのですが。

(いっそのことそろそろ自由業にでもなる?)

 

タイトルから宮沢賢治銀河鉄道の夜をモチーフにと言いたいところですが、

銀河鉄道に乗って彼方を目指す話ではないです。

でも読み終われば絶対、思え遠くまできたなここが彼方かと思えるはずです。

出てくる人物たちの生と死を延々と繰り返し、

結局たどり着くのはまた駅のホームだったり、

それならまだよくてあまのがわのまっくろなあなかもしれない。

作者の他の著書「さよならクリストファー・ロビン」と

「ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ」とリンクする箇所が多いので、

そちらを先に読んでおくといいかもしれません。

 

銀河鉄道の彼方に

 

広告を非表示にする