読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ読んだ

読書記録(感想ではない・あとたまに映画)

美しさと哀しみと(川端康成)

家に学研からでてた「現代日本の文学 」という文学集があるのですが、

なんかよく見たら読みたいなーと思ってたやつが載ってて、

っていうか、図書館で借りたはまだしも文庫買ったことあるよね・・・っていうのもあって、

ちゃんと読んでいこうと思った。

川端康成でいうと、雪国とか伊豆の踊子とか有名だけど読んだことないんだよなーと思ってたら載ってた、買わずに済んだ。

全50巻らしいけど、たしか1冊だけ足りなくてどうしような?と思ったら、

アマゾンのマケプレに転がってたので購入。(ちなみに足りなかったのは太宰治でした)

あと勢いあまって、どうやら+10巻の続編があると知り初めてのヤフオク利用。

そんなわけで、全60巻の文学集がある家になってしまったので、

しばらくはこれを中心に読んでいきたいです。

 

川端康成作品で最初に読んだのが、片腕・眠れる美女だったので、

かなり攻め込んでる作家だなぁ・・・とは思ってたけど、

美しさと哀しみともかなり攻め込んでいました。

愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇です。

たまたま向こうが連絡寄越してきたけど、金輪際もう会わないくらいにしておけば、

何ともないまま終われたのに、復讐しようと思い立つけい子は激しすぎますね。

1965年の映像化の際、レズビアンの女弟子のけい子役を加賀まりこ

やってるらしいけど、川端康成加賀まりこに御執心だったって前にテレビで

観たんだけどこの作品のことだったんだなぁ。

撮影中にじっ・・・と見続けてられてたって。