読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ読んだ

読書記録(感想ではない・あとたまに映画)

奪われた記憶―記憶と忘却への旅

電気ショック療法のせいで記憶障害が起きて、

記憶というものに興味を持ったので、いろんな人に話を聞きに行ったぞ!という本。

なんで、電気ショック療法なんかしたのさっていうと鬱病治療で、

完全に記憶が失われる直前、霊媒師のところにいって、

母親の霊を呼んでお別れをした、ん?みたいなことも書いてあるけど、

そこはなかったことにしよう。

15年ほどなにをしてたのかまったくわかないけど、

いつの日か記憶がもとに戻るだろう。という希望に満ちた終わり方は、

忘れてもなんかなるんじゃないかって思える。

むしろ、覚えていたほうがいいものの方が少ないのではないか。

 

奪われた記憶―記憶と忘却への旅 | ジョナサン コット, Jonathan Cott, 鈴木 晶 | 本 | Amazon.co.jp