これ読んだ

読書記録(感想ではない・あとたまに映画)

すいれんは咲いたが(小川 未明)

すいれんの花を見て友達を思い出す話。 たぶん、2度と会う事はなさそうだな。 図書カード:すいれんは咲いたが

過ぎた春の記憶(小川 未明)

かくれんぼうが好きな少年が会った、不思議な坊さんの話。 死神かなんかかな。 子どもの頃、家の近くに同級生があまり住んでなくて、 居たとしても幼稚園も別だったので (私は遠いところにある病院に勤務してる家庭向けの保育所だった) なんだかんだ隔たり…

東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)

1枚~2枚~って皿数えるやつの原作です。 去年買ったけど、あっ読みにくいと思っていったん止めて、 今年の初夏に再チャレンジしてあっ読みにくいっていったん止めて、 初秋にようやく読めました。長かった。 戯曲全般に言えることなんだけど、こういうのは…

銀河鉄道の彼方に

無職の時に新聞の広告で発売を知って、 発売したばかりでまだ図書館にないだろう、でもすぐに読みたい。 あーでも、無職だから金がないぞ!と家中の図書カード集めて買いに行った。 あれから3年か、また無職リーチなのですが。 (いっそのことそろそろ自由業…

ブラック・スワン

ようやく地上波放送か~でもなんで深夜?話題作だったのに・・・?と 思ったらR15作品だったらしいですね。 痛そうなシーンと官能シーンが半々。 実力があって、白鳥役はなんなくこなせそうだけど 優等生タイプなので邪悪で官能的な黒鳥が表現できなくて…

船を建てる

気が付けば今年ももう8月。 今年もまた夏が終わってしまうのか。 夏の終わりの読書はなにを読もう。 そもそも夏の終わりとはいつなのか。 船を建てるは旧版が絶版の頃に知って、数年前のGWにいつの間にか 再販してることを知って買いました。 淡々とアシカ…

ザ・フォール/落下の王国

ベニスに死すを観た後しばらく自殺はしないがこのままだとたぶん死ぬと いう状態だったため、とりあえず通常の生活に戻るかと思った時に、 レンタルしていたDVDの中にあったのがザ・フォール/落下の王国。 なんとなく観たけど、救われた映画。 オレンジの…

ベニスに死す

ひとつ前の記事で、祖父母が死んだら荒れ狂うって書いたけど、 本当に祖父が死んだときに荒れ狂ってしまい(過呼吸・不眠・食事がとれない) 葬儀が終了して家に帰ってきて、とりあえず気を落ち着かせようと、 観たのがベニスに死す。 それから毎年祖父の命…

D機関シリーズ(ジョーカー・ゲーム)

アニメから入ったけど未だに熱が冷めずに、 毎日ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム言っている。 ジョーカー・ゲームにここまで惚れ込んでいるのは、 きっと登場人物が故郷とか家族とかそういうものを捨てて、 スリルを楽しんでいるからだろう。 子供の頃…

まあだだよ

数ヶ月前、内田百閒の岩波文庫冥途・旅順入城式を読んで、 文学全集買ったけど、内田百閒は収録されてないし買っちゃえ~と他の文庫買ったら、 まさかの収録作品かぶりをやらかしたりしてた時に、 黒沢明のまあだだよは内田百閒の話と聞いて観ました。 他の…

死者の花嫁 葬送と追想の列島史

ワーズワースの冒険「第22話「消えた少女人形の謎~カタン・ドールの世界~」回で、 東北の冥婚の話があってずっと冥婚が気になっていたので読みました。 ワーズワースの冒険で紹介されていた寺は、花嫁人形をお供えところなんですが、 最近知ったんですけど…

夢鬼(蘭 郁二郎)

物心ついた時からサーカスの団員で、醜く芸もできなかった少年が、 一座の花形の少女に恋して芸が上達し、 またブランコ芸の最中に予言夢をみるという話。 なかなか純粋な?恋物語です。 図書カード:夢鬼

地獄の使(田中 貢太郎)

オレオレ詐欺だ。 図書カード:地獄の使

湯どうふ(泉 鏡花)

婦人雑誌に載ってた鍋レシピで肉団子をつくるところを読んで、 あ~あー!手は洗いましたか!爪は?!爪は短く切ってますか?!!!? あー!あー!ってなってて泉 鏡花の潔癖症ってそんなレベルのなのか・・・ 図書カード:湯どうふ

歪んだ夢(蘭 郁二郎)

明晰夢と思いきや、夢に囚われた男の話。 いつの間にか精神病院に入れられてしまったが、腑に落ちないあたり、 芥川の河童みたいでいいですね。 図書カード:歪んだ夢

火葬国風景(海野 十三)

ま・・・またホモですか?!海野先生!!と思ったら違った。 仮死後に行けるユートピアの話です。 図書カード:火葬国風景

幽霊船の秘密(海野 十三)

秘密ってまたまたぁ思い込みオチかな?と思ったら、そんなことなかった。 (前にそんなやつあった) 引き込まれるようになかなかおもしろいです。 図書カード:幽霊船の秘密

骨仏(久生 十蘭)

陶器の材料に人骨混ぜると何とも言えない白い磁器ができるという話から 作られただろうという話。 本当に人骨でいい磁器ができるんだろうかという話はともかく、 フランスでは磁器に使うならということで廃骨がもらえるって話本当だろうか。 図書カード:骨仏

黄昏の告白(浜尾 四郎)

あ、おもしろい!(ネタバレになりそうなので多くは言わない) 図書カード:黄昏の告白

太宰治情死考

たまたま目についたので、読んだ。 新聞で、太宰はカストリ(焼酎の粗悪品)を大量に飲んでいたと書いてあったけど、 あいつはカストリなんか飲んでいない、女に惚れて一時的なメランコリで、 ふと死んだにすぎないだろうと坂口安吾が語る話。 「一時的なメ…

黄昏の地中海(永井 荷風)

昔から船旅に興味があるのですが、 いつか連れてってあげるといった祖父母はもういなくて・・・ いや、金があったら連れていくのにねと言われただけだった。 飽きるほどずっと船の中に居たい。 経由地とかに降りなくていい、ずっと船の中に居たい。 この話の…

美しさと哀しみと(川端康成)

家に学研からでてた「現代日本の文学 」という文学集があるのですが、 なんかよく見たら読みたいなーと思ってたやつが載ってて、 っていうか、図書館で借りたはまだしも文庫買ったことあるよね・・・っていうのもあって、 ちゃんと読んでいこうと思った。 川…

ジョーカー・ゲーム(映画)

ジョーカー・ゲーム(アニメの方)にはまってて、 春先見るアニメ絞ってた中、事前に情報を知らなかったのに関わらず、 なんとなく見始めたらじわじわ~って。 原作も3巻くらいまで読んでるので、そのうち覚書書きたい。 Blu-rayも予約してあるんだ・・・Bl…

なまいきチョルベンと水夫さん

日本では一昨年くらいに公開、でも製作は1964年。 リマスターかけているとはいえ、驚くほど映像がきれいだし、 ファッションなどの美術もいかにも北欧風というわざとらしさもなくとても自然で 古臭くはなく(田舎くささはあるけど)きれいです。 ペットと子…

東京上空いらっしゃいませ

NHKBSで放送してたのでみました。 リリーフランキー「日本のみなさんさようなら 」で紹介されてて、 まぁまぁいい感じのこと書かれてたのに、DVDのレンタルがなく観れてませんでした。 どうやら、ビデオ→DVD後廃盤のままになってるようですね。 テレビ放送も…

恋する惑星

好きな映画に散歩する惑星(まだ書いてない)ってやつがあるんですが、 散歩する惑星気になる―!って人が間違って借りてくる恋する惑星の率よ・・・。 近場のレンタル屋では、今も昔も恋する惑星はおいてないようで、 NHKBSでやってたので観ました。 ご…

ハリーポッターシリーズ

このブログ、前に読んだはず・観たはずなのにまったく覚えてない、 読んだ・観たことを記録するために作ったのですが、 ハリーポッターシリーズは、面白いくらい忘れてる。 原作も読んだし、映画だって3~4周はしてるはずだよ! 人の名前は覚えていても内…

シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集

シュヴァンクマイエルの創作の根源がよくわからんって言ったけど、 ちょっとわかるのでは?と思うのがこの本。 どうも触覚と視覚が重要なのではと思う。 幼少期に感じた触った感じの気持ちの悪さ、見て不愉快だなーって思ったものを 追ってるんだろうなーっ…

三人の騎士

Dlifeで放送してたので観ました。 ディズニーもそうだけど、ジブリも劇場公開されてもスルーすること多いし、 テレビでやった時に狙って観るというのが多い気がする。 わざわざ借りてくる・観に行くのがめんどくさいというか。 そんなんで、今は亡きミッキー…

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

NHK BSでやってたので観ました。 ナンバリングないけど、これ2なんですね。 前作観てないんだよなぁ・・・。 最初のところ見逃しちゃったけど、 後々大事な伏線なので最初からちゃんと観ましょう。 大変真面目にスパイ映画やってるけど、 ところどころツメ…

昔話にみる悪と欲望 -継子・少年英雄・隣のじい- 増補新版

ブログ飽きたんじゃなくて、特に本をよんでなかったのと、 何を読んだか思い出すこともしてなかったので、止まってました。 で、昔話にみる悪と欲望~を読みました。 アマゾンのリンクはうまく貼れなかったのでそのうち。 (別にアフィリエイトサイトじゃな…

恋の門

漫画が大量に印刷されることをたぶん嫌ってるのだろうという青年と、 同人作家・コスプレーヤーの女の子の物語。 石の漫画とか出てくるんですけど、前衛的です。 漫画にこだわる理由はよくわからなかったけど、漫画好きなんだなって感じ。 副音声を聞くと、…

プルコギ -THE焼肉MOVIE-

たしか、これ劇場でみたんだよな。 なんで劇場まで観に行ったんだろう。よく思い出せない。 ホルモンvs赤身のグルメバトル映画です。 あと、生き別れの兄弟の再会の物語でもある。 お兄ちゃんは、御曹司になれるレベルのいいところに拾われたけど、 弟もなか…

昭和歌謡大全集

高校生の時に松田龍平ブームがきて、その時みて一番よかった。 俳優さんが結婚してもロスにはならないけど、 松田龍平が結婚した時は動揺はしました。 復讐のやりあいで、ガキとおばさんがただ殺し合うって内容。 タイトルは、話の中に歌謡曲がでてくるから…

ねじ式

サブカル漫画がMyブームの時に、あっ映画あるじゃんって借りた。 その後まさかの深夜にTV放送されてましたね。 なんというかよくできた悪夢。 映画としてはかなりいい出来だと思うので、再販されたらDVDほしい。 冒頭、暗黒舞踏からはじまるんですけ…

ちいさなちいさな王様

こないだ、本を整理してたら持ってたのを思い出した。 もう読み返すことはないけど、売らないであろう本の中の1冊。 歳をとっていくごとに身体が縮んでいく国の王様と、普通のサラリーマンの話。 王様という割には、サラリーマンの部屋の隙間から行けるとこ…

オールアバウト シュヴァンクマイエル

ヤン&エヴァシュヴァンクマイエル展に行ったときに、 図録と一緒に買った。図録は下のやつ↓ ヤン&エヴァシュヴァンクマイエル展 アリス、あるいは快楽原則 | 渡邉 裕之 | 本 | Amazon.co.jp 当時最新作だった、ルナシーのシナリオが載ってるのもいいけど、 …

チェコアニメ新世代

巨匠の方は買いそびれた。 それにしても、2002年めっちゃ本買ってないか。 不安になるレベルだ・・・(今も結構買ってる) 巨匠と見比べれば面白かったんだろうけど、巨匠の方は他の本でも 取り扱ってるので買わなかったぽっい。 インターネットで検索し…

アートアニメーションの素晴しき世界

クレイアニメーションを作りたかった。 技術は進歩したし、安いデジタルカメラでも動画が撮れるどころか、 携帯電話もスマートフォンになり、高画質の動画が撮れるようになった。 機は熟したのかもしれない。 作りたくても作れないそんな時期によく読んでい…

誰も知らない名言集

増量版を買った気がするけど、イラスト入りのほうだったか どっちだか忘れてた。 風呂でふやかしてしまったもんで。 ためになる名言というより、ふとした瞬間思い出して笑ってしまうエピソードと それを象徴する一言の本です。 気になったら、一度立ち読みし…

日本のみなさんさようなら

映画レビュー本って好きなんですけど、これはかなりいい部類です。 有名どころじゃなくて、あーあったよねそんな映画とか レンタルあるのかそんな映画みたいなのが主です。 読んだ後に、なんとなく頭の片隅にあって、 レンタル屋でみつけてあっ・・・今度借…

外村 繁

2016年4月22日時点で、青空文庫化されている外村 繁作品を読みました。 最初、夢幻泡影から読んだのですが失敗しました。 澪標から読むべきです。 澪標→夢幻泡影→落日の光景→日を愛しむの流れがいいと思います。 澪標は、外村 繁の幼少期からの性衝動がどう…

夢みる家具 森谷延雄の世界

表紙でもわかる通り、かなりファンシーな家具をデザインしていた、 森谷延雄の展覧会の図録も兼ねた本。 デザインにハートとか童話をモチーフに盛り込んだものあったりして、 かなりファンシー。 姫系家具ってあるけど、あんなのただのピンクと白いだけだし…

ブラッドベリ、自作を語る

ブラッドベリ作品読んだことはないんですが、(華氏451は観たことある) 先に作家について知ってしまおうと読んでしまった。 3年くらい前に借りたんですけど、未だに作品自体は読んだことがないです。 SF文学の巨匠なんで、うわ~取っつきにくいぞ~と…

中井英夫―虚実の間に生きた作家

ペヨトル興亡史で中井英夫のことがちらっと書いてあって、 薔薇が咲き乱れる洋館で、酒を勧められて まぁどうこうされるわけではなかったんだろうけど、 照れくさくなって慌てて逃げてきたって話があって、 ザそっち系・ザ耽美な人だとは思ってるんですけど…

天才アラーキー 写真ノ方法 ・天才アラーキー写真ノ時間

この人は写真というかカメラそのものなのではないか?と思わせる本。 若いころ、写真雑誌の懸賞でお金を得ていた時期もあった っていう話聞いたことがあるんですけど、 時代が求める写真を予測して撮るのがとてもうまい人なんだと思う。 時代が求める写真と…

四谷シモン前編

これ、後編って出す気あるんだろうか。なさそうだけど。 人形に魅せられた小林少年の物語。 お父さんのこと、お母さんのこと、人形のこと。 転校を繰り返した少年期、すらすら語る話らしいんですど、 きっと何度も話てもどこかさびしい気持ちになるんじゃな…

美輪明宏のおしゃれ大図鑑

よくわかんないんだけど、これ大学で教科書として使ってた。 美輪明宏が語る、モノ的には豊かではなかったけど 人間がいいものを大切にし心が豊かだった時代から学ぶおしゃれポイントです。 ファッションだけではなく、インテリア、 そして日本人としての立…

内藤ルネ自伝 すべてを失くして―転落のあとに

四谷シモンが若いころに、よその家の花壇のバラを毟って警察呼ばれたときに、 身元引受人として呼ばれて、内藤ルネって署名したら、 ルネってなんですか!と警官に言われたりした内藤ルネ先生。 乙女画家としてはPOP系なんだけど、 同性愛者でもあるので、実…

日本異界絵巻

よく名前は聞くけど、神になってたり怨霊になってたりするあの人物、 もしくは生前時に不思議な力を持ってたあの人物、 あの神、あの妖怪、その他多数・・・ ぶっちゃけなんなのかわからないんですよね・・・いう悩みを解決してくれる 本です。 番外編じゃな…